人気ブログランキング |

鉄道ファンに名高い只見線に乗ってみた


 青春18きっぷの残り二日分で、「ローカル線の旅」的なTV番組などで見かける、

只見線に乗ってみた。

b0018682_23430788.jpg




上越線で小出まで出て、只見線に乗り換え只見駅まで、

ここから鉄道不通区間となり、会津川口までマイクロバスに乗り換えた。

そして、会津川口から会津若松まで鉄道となる。


b0018682_23444412.jpg




 只見駅から会津川口駅の区間は、

2011年の新潟・福島豪雨によって只見川に架かる橋梁が流失などして、

現在はバスの代替運行となっている。

 JR東日本と福島県は、2021年度全面復旧ということで、合意しており、

確かに復旧工事らしき様子も、バスの車窓から垣間見たのだが、

雑草の生い茂る鉄路が森の中に消えて行く風景が続いていたのも事実だ。



 ボクは、ミーハーな鉄道ファンで、

ただ各駅停車のスローな旅を、ぼんやりと行くのが好きなだけだ。

だから、鉄チャン的な蘊蓄を垂れる知識も資格もない。

 とりあえず残りすくない人生であるが、

今という時間はどのようにも使うことができる老人の身の上だから、

この「青春18きっぷ」というものは、とてもよいおもちゃである。



 さて、只見線に甚大なダメージを与えたはずの山間渓谷を流れて行く只見川の景観は、

本当にすばらしい。


b0018682_23461191.jpg



車内で、雪の頃来てみたいという声が聞えてきた。

 まさに然り、見事な山水画の世界を、現実のものとして見ることができるだろう。

 驚きであった。

 評判通りに、面白さに満ちたものだ。


b0018682_23465918.jpg

夏終わる大河を前に始発駅 泡六堂




 

 
 
 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/27104998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-09-09 23:27 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー