人気ブログランキング |

食へぬ茸光り獣の道せまし  西東三鬼


b0018682_09064218.jpg


 ボクの頭脳は、無知の宇宙であるが、キノコのことも、椎茸・しめじ・舞茸・松茸以外、まったく知らない。

 過日、蒸し蒸しする森の小道をゆくと、更に細く別れてゆく枝道の入口から四,五メートル先に、

この真っ白いキノコが立ていた。

 画像は、見やすくするためのちょっと明るく加工したが、本当は、広葉樹に蔽われた薄暗い地表に生えていて、

その白さはをちょっと幻想的と見る人もいるだろう。

で、先ほど、ネットでこのキノコの本性をサグると、

なんと、全身純白ということから「殺しの天使」と異名を持つドクツルタケなる猛毒キノコと外形がよく似ている。

 云うまでもないが、ボクにドクツルタケと判別同定できるわけではない、仮にそうだとしたら、ということで続ける。

 このキノコに含まれるアマトキシンなる物質は、体内に入ると、

死を逃れる可能性はゼロと云うことだ(ほんとう???)。

 その毒性の恐ろしさは酷い。

 まずコレラの症状の如き激しい下痢が1.2日、

次いで、アマトキシンは肝臓に達してその細胞を壊死させるのだという。

 恐ろしや。

 だが、このキノコは、特に珍しいものでなく、里山や雑木林でも普通に見られるものだという。

 バニラソフトアイスのようで、美味しそうなんてね、持ち帰る御仁がおいででないとも限らない。

 ちなみに、アマトキシンをもつ他のキノコとしては、テングタケ属にも、この天使様によく似たものもあって、見分けがむずかしい。

 また、その名もずばりコレラタケ、此奴、ナメコやエノキダケと間違えられやすいとか。


 つまり、ボクらが恐怖して慎重であるべき心構えを求めてくるのは、何も北朝鮮からの飛行物体であるだけでないようだ。

 無知は、根拠ない恐怖心を煽るとうことも多いが、

反対に、危険性を知らないことから脳天気に過ごしてしまうということがある。

 むしろ、実は、後者の方が、圧倒的にリスクが大きいのではないか。


 本日、朝っぱらからPCに向き合っているのは、先週末の農作業が腰に効いたからだ。

 持病のぎっくり腰を呼び覚まさせる鈍痛が、座ったり立ったりするたびに、痛い、

ので、ぼんやり安静に一日をすごそうというわけだ。


 もう一つ、今朝、配偶者が、悔しそうにとうとう、うちもメダカをハクビシンやられた、といってきた。

 しばらく前から、庭先のにおいた水槽からメダカが忽然と姿を消すという怪現象があることが、

ボクの住む辺りで報告、あるいは、噂として流れてくるのだ。

 ついに、これまで被害がなかったのだが、ハクビシンは見逃してくれなかったのだ。

 しかし、このハクビシンがメダカを喰う現場は見たものがいないので、

ハクビシン犯人説は、ボクには今ひとつ信じがたい所がある。

 

疲れたので、ここまで。





 

 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/27076645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-08-28 10:05 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー