人気ブログランキング |

夏 草、 お 墓 を さ が す   山頭火

b0018682_22360099.jpg



 このピンクの小さな花は、ハナタデの花なのか?

 先々日、森林公園で撮った。

 秋が近づいてきて、こんな花に目がとまる。


山頭火の一番短い句として知られているのは、


音はしぐれか
 
という一句。

七音一句。


夏草、お墓をさがす

この句は、五音七音。


ぶっきらぼう極まりないが、すっとぼけた愛嬌がある。

山頭火は、うだうだ云うのを短い句に閉じ込めているのようでいながら、案外、そんなの平気の平左だぜと人を喰っている感じがあって、

ボクには、その辺がおかしくて好きだ。



今日は、せっせと畑仕事をした。

長く伸びた雑草を刈って、汗みずくになった。

白菜を蒔く畝をつくる前段、耕地を耕し、石灰、堆肥を全面にまき散らした。

茄子の枝をばさばさと落として、秋茄子の実りを待つことにした。

弱り切った胡瓜・トマトの手入れ。

スイカの最期の収穫、二三日中に撤去。


仕事から帰って、シャワーを浴びるのが、一番の楽しみ。









トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/27073837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-08-26 22:58 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー