人気ブログランキング |

浮人形売って男の暮らしかな   小林 たか子

 
浮人形売って男の暮らしかな   小林 たか子_b0018682_23114988.jpg
 


 画像は、姉様人形の頭であるから、浮人形ではない。

 本当は「浮人形」という季語の存在を知らなかった、というより、「浮人形」という言葉を知らなかった。

 「浮人形」とは、幼子が風呂で湯に浮かべたり、沈めたりして遊ぶ、昔ならセルロイドやブリキでできた玩具をさすらしい。

 しかし、言葉から受けるボクの印象は、そんな暢気なものでなく、しみじみとした感じになる。

 もしも、もしもだが、水中から浮き出してくるその顔が、この姉様人形のよう表情であったなら、ちょっと、怖いくらいだ。

 「浮人形」、もちろん、季は夏である。


 表題に挙げた句は、泣かされるほどでないが、哀愁を誘う、そういう目をもった作者は女性である、・・・、ちょっとキツいな。


 今夜も、一時、激しく降り、その後、しばらく雷鳴が続いた。

 畑の野菜の生育が極めてよくない、茄子も胡瓜も実が太らない。

 むやみに勢いがいいのは、不思議なことに、ゴーヤである。









by ribondou55 | 2017-08-21 23:26 | この一首その一句

「蛙声」と云うより、「蛙の屁」と云うべきか。お他人様の俳句に便乗しての徒書き多し。つきましては、俳人各位には深謝つかまつり候。


by 泡六堂
カレンダー