人気ブログランキング |

ご近所巡礼:番外 恵隆寺・立木観音から如法寺・鳥追観音へ // 徳一法師に惹かれて(その3)

 さて、もう今日はお盆の最中、我が家も昨夕、ご先祖様をお迎えした。

 すでに会津に出かけたのは.2週間以上前のことになってしまった。

 であるから、ボクの脳みそでは、もう大方の記憶が消えている。

 風前の灯火のような思い出を書き留めておこう。


ご近所巡礼:番外 恵隆寺・立木観音から如法寺・鳥追観音へ // 徳一法師に惹かれて(その3)_b0018682_18333820.jpg


 さて、バスツワーは、お蕎麦の昼飯を終えて、サンダル履きのガイドさんに引率されて恵隆寺に向かった。※「サンダル履き」、これ告げ口、嫌みではありません。このゆるーい感じが、会津らしくてよろしいと、いうこと。

 寺の歴史によれば、本尊「十一面千手観音菩薩」は、大同三年(808年)に弘法大師(空海)が観音菩薩の霊感を受け、根が付いた状態(立ち木)で巨木の枝を切り、彫刻されたことから「立木観音」と伝えられています。本尊の身丈は8m50cmあり、一木彫で根の付いている仏像としては日本最大級の大きさです。また、本尊の左右に安置される脇侍の二十八部衆、風神・雷神30体の仏像は、身の丈2m弱の大きさで、すべて揃っており、密教様式を忠実に表現しており全国的にも大変珍しく貴重な仏像です。30体の眷属が揃っているのは京都三十間堂とこの立木観音堂だけとも言われています。
みなさん、ご覧になれば必ず驚きますよ!

 「会津六詣出」http://www.aizu-reichi.gr.jp/tatiki/ というとても親切この上ない柳津町地域振興課によるHPから拝借した。

 実際、このHPの表現は、大げさなものではない。

 びっくりである。

 見学の折、ご法事と重なったために、失礼ながらご本尊のお参りは、仏さんの足下から見上げる体になった。

 一木造り、巨大である。
 
 ちなみに鎌倉・長谷寺の十一面観音の身の丈は9.18メートルである。

 そのご本尊を足下から見上げるのだが、圧巻は三十体の脇侍が居並ぶ威容である。

 これも、接近して見上げるので、実は全貌を見渡すことができない。

 ああもどかしい。

 ということで、次は如法寺へ。

ご近所巡礼:番外 恵隆寺・立木観音から如法寺・鳥追観音へ // 徳一法師に惹かれて(その3)_b0018682_17454328.jpg

 ここで、こんな愉しげに説教なさるお坊さんにはじめてお会いした。

 奈良時代、天平八年(736年)の春、行基菩薩が会津巡錫された際、とある貧しい農家に宿をとられました。行基菩薩は、子に恵まれず、鳥獣害による不作の貧苦で悲嘆にくれる農夫を憐れみ、念持仏である一寸八分(約6㎝)の聖観音の御尊像をお授けになられました。
観音様の霊験は著しく、自ら鳴子の網をお引きになり、鳥や獣を追わせられたところ、その一家は豊作に恵まれ、子宝を授かり、皆幸福な人生を全うしたと伝えられています。
やがて西方極楽浄土に安楽住生が叶ったことが広まり、人々は「鳥追観音」又は「ころり観音」と呼び、多くの老若男女の信仰を集めるようになりました。
時代は移り、大同二年(807年)、徳一大師は、坂上田村麻呂公の帰依を受けて、金剛山如法寺を創建し、御本尊に行基御作と伝えられる聖観音像を奉安、胎内仏に「鳥追観音」を入仏秘されました。
御堂は、慶長十八年に再建されたものですが、その構造は東西向拝口というもので、東口から入り、参拝したら戻らずに西口から出るようになっており、全国でも珍しい構造の観音堂です。これは観音様の導きで人生を全うし、やがて西方浄土へ安楽往生が叶うという鳥追観音の御誓願を示しています。観音様に祈念して、「身代わりなで仏」をなで、肌守りを念持すれば、心願成就すると信仰されています。開創以来千二百年、「鳥追観音」は会津西方浄土の霊場、会津三十三観音番外二世安楽結願所、会津ころり三観音霊場のひとつとして、その広大無辺な慈悲を今に伝えています。([会津六詣出」より拝借。)


 お説教で、もっともリスペクト、強調されたのは、ボクのお目当ての徳一法師についてである。

 その内容は、如法寺公式HPhttp://www.torioi.com/rekishi.htmlを見よ!



 実は当日のツワー参加者は、たったの四名であった。

 にもかかわらず若いお坊さんは声をからしてお話下さり、締めにはご祈祷までシテくださった。

 本当をいうと、どんなありがたいお説教であったか内容は忘れた、ただケラケラと笑わせて頂いた。

 聴いていて、心が柔らかくなった、愉快になった、たとえコロリと逝かなくても、ありがたいではないか。

 ありがたいことだ。

 ボクはこれまでいろいろな宗派、お寺で法話を聞かせて頂いてきたのだが、これほどに愉快なことはなかった。

 ありがたし。


 もう一つ、妙法寺では、御堂に左甚五郎作と伝えられている「隠れ三猿」がある。


ご近所巡礼:番外 恵隆寺・立木観音から如法寺・鳥追観音へ // 徳一法師に惹かれて(その3)_b0018682_17465290.jpg



 この説明が、とってもいい。

 あのお坊さんのお母様が、これもお声を張り上げてユーモアたっぷりになさる。

 それも、会津弁で語られる。

 すばらしい。


 





by ribondou55 | 2017-08-14 17:33 | ご近所巡礼記

「蛙声」と云うより、「蛙の屁」と云うべきか。お他人様の俳句に便乗しての徒書き多し。つきましては、俳人各位には深謝つかまつり候。


by 泡六堂
カレンダー