人気ブログランキング |

木陰には貧血の烏か俺か   泡六堂

 『海辺のリア』(監督・小林政弘、2017年)を、こうのすシネマで観た。



b0018682_10560312.jpg


小林政広監督が、「春との旅」「日本の悲劇」に続いて仲代達矢を三度、主演に迎えて描いた作品。役者として半世紀以上のキャリアを積み、かつては大スターとして映画や舞台で活躍した桑畑兆吉。認知症の疑いがある兆吉は、家族に裏切られ、遺書を書かされた挙句、高級老人ホームへと送り込まれる。ある日、その施設から脱走した兆吉は、シルクのパジャマ姿にコートをはおり、スーツケースをひきずり、あてもなく海辺をさまよううちに、娘の伸子と突然の再会を果たす。伸子は兆吉が妻とは別の女に産ませた子だったが、そんな伸子が私生児を産み、それを許せなかった兆吉は、伸子を家から追い出した過去があった。兆吉は再会した伸子に「リア王」の娘であるコーディーリアの幻影を見る。仲代が主人公の兆吉を演じ、共演陣には黒木華、原田美枝子、小林薫、阿部寛と豪華実力派が顔を揃える。(映画comより拝借)


 つい、この俳優、この監督であれば、見てしまうという組み合わせの一つ何のだが、いつもながら見終わってみると、すっきりしない感じが残る。

 今回も、この監督さん、ホントに仲代達矢という俳優さんに惚れ込んでいるのだなーと、思わされた。

お金を払って観ているこちらは、どうなのだろうと。

ぼんやりと思い出すのは「春の旅路」でも、「日本の悲劇」でも、なんか違和感あった、それは、仲代さんのうますぎる演技の「過剰」が、ボクにはあわないなという、一観客の印象だった。

本作は、その点、俳優仲代が、役者兆吉を演ずるのだから、これまでのボクの違和感は、むしろイイ効果をボクに与えてくれるはずであったが、そうでもなかった。


 主人公の痴呆老人が、チョウキツと名乗ったので、すぐに車谷長吉さんを連想したが、大分違っていた。

兆吉さんの症状は、俗に言う「まだら惚け」というものだろう。

兆吉さんに限っては、幸せそうなリアに見えた、へそ曲がりな印象だろうか。



黒木華、阿倍寛は、つまらなかった。

原田美枝子が、よろしかった。









 



トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26906232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-06-06 10:57 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂