人気ブログランキング |

伊香保・ハラミュージアムアーク、まで。

 初夏である。

 SLみなかみの運行日である。

 高崎から渋川まで、SL乗車、渋川からハラミュージアムアークへ。

b0018682_22253842.jpg


大勢のSLファンに混じって、短い時間であったが楽しかった。

幼い頃、父親の里へ家族で帰ったことがあった。

信越線で篠ノ井まで、乗り換えて篠ノ井線で松本まで。

記憶は定かではないのだが、石炭を燃やす煙の匂いは確かに覚えている。



渋川で降りて、伊香保温泉行きのバスで20分ほど、伊香保温泉行きのグリーン牧場前で下車。

徒歩で、ハラミュージアムアークへ。


b0018682_22401470.jpg
b0018682_22365977.jpg
b0018682_22393534.jpg


鬼頭健吾「untitled(hula-hoop)] 2017

笹口数「星座」2002

米田知子「ヘッセの眼鏡ー兵士の写真を見る」1998

ロバート メイプルソープ「レディ リサ ライオン #1~#4」1980-82

束芋「真夜中の海」2006/2008

横尾忠則「誰か故郷を想わざる」2001

草間彌生「ミラー ルーム(かぼちゃ)」1991


よく知られている作品も含まれているが、これらは、ボクにとっては愉しい。


しばらく、品川から遠ざかっている。

そのうち、行ってみよう。


帰路、遅い昼飯を渋川駅から歩き始めて、迷った挙げ句入ったレストランでのこと。

いつものように、カレーライスセットを注文した。

料理が運ばれてくると、銀の皿にカレーライス。

これが、昔ながらのタマネギだけを煮込み、カレー粉を入れ、そのあとで小麦粉でとろみをつけたもの。

ウスターソースの隠し味が効いていた。

蕎麦屋ではない、れっきとした洋食屋さん、その証が、ウスターソースの風味であったかもしれない。

悪い感じは全くなく完食したが、

渋川というところはこういう感じかと思った。


食後、渋川市美術館によった。

65歳以上は入館無料であった。

桑原巨守の彫刻コレクション。

うーん、こういう王道を行った人の作品もやはり落ち着く、これまた愉しかった。


それから、へそ地蔵にも挨拶してきた。

渋川は日本の真ん中、臍にあたる地点にあるらしい。

そこで、臍地蔵。

畏れ多いので、画像は挙げない。













トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26870245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-05-20 23:03 | 目の快楽 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー