人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー

太田市美術館図書館屋上の野薔薇

b0018682_21510575.jpg

夏野菜を巡る菜園遊びに飽きてしまったので、午前中の好天に誘われて、利根川を越え、隣町の太田市をぶらつきに出かけた。

久しぶりに、スポルティーフに乗ってみると、このところ安直なダホンばかりに乗っていたので、実に軽快で、一層気分が爽快になった。

あちらこちらに寄り道しながら、ずっと昔に寄ったことのある駅近くレストランで遅い昼飯を食った。

懐かしさは味に影響しない、という当たり前のことを確認した、ちょっとランチとしてはイイ値段であったし・・・・、この手の感想は我ながらセコい!


食後、先頃オープンしたと聞いていた駅前にあるという太田市美術館図書館を覗きに行った。

美術館は「未来への狼火」、「狼火」は「NOROSHI」と読むらしい、「ROUKA」ではない、普通には「狼煙」と表記する。

だが、「NOROSHI  SIGUNAL FLARE FOR OUR FUTURE」とあるので、やっぱり「火」かも。

いや、そういうことではなかった。

 「さらにさかのぼる1903(明治36)年、太田に生まれ、田園詩人と称されたのが清水房之丞です。彼は最初の詩集『霜害警報』(1930年)で、「桑が自分の⼦の樣に可愛いいんだ/桑が黑くなれば俺逹まで口がひ上がることになるんだ/村の俺逹の狼火をあげよ う」とつづりました。そこで描かれたのは、冬の霜害に苦しみながらも、大切に桑を育てていたひとたち。高村光太郎や 萩原朔太郎といった稀代の詩人とまじわりながら、郷土で詩を書くことに心を傾けた清水房之丞の仕事は、この風土で生きることへの強い誇りを感じさせます。
開館記念展では、「風土の発見」「創造の遺伝⼦」「未来への狼火」をキーワードに、こうした歴史的風土のなかで生まれた絵画、工芸、写真、映像、詩、歌など、多ジャンルのアーティストの作品を新作もまじえてご紹介します。さらには、 市民と共同のプロジェクトも実施、それらを通してわたしたちが未来を展望するための狼火をたちあげます。」 「太田市美術館図書館HP、開館記念展・概要」より

やはりここは「狼火」でなくてならないと、納得した。

オープニングに際して気合いが入った展覧会なのだと、・・・・。

その気持ちは良く伝わってくるように感じた。

しかし、スペースに対して作家の数が多かったかも知れない。

たとえば、石内都と、片山真理のお二人だけでも、未来は見えるかもしれない。


ボクは、清水房之丞という詩人を知らなかった。

どなたか、「青空文庫」へでもテキストを挙げてほしいものだ。


太田市は、いいものを創った。

図書館も、蔵書方針がユニークだ。

アートが好きな人には堪らないだろう。

ボクも、これからお世話になろう。


屋上の白い野バラが、この施設にはお似合いだ。

b0018682_23081472.jpg

そして、図書館の片隅には。

b0018682_23101616.jpg


b0018682_23104819.jpg




















トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26852344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-05-12 23:11 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)