人気ブログランキング |

「梅の実」」・・荒木一郎

b0018682_10555106.jpg

自宅の庭先にある梅の木に、実がなっていた。

「梅の実」、懐かしい。

 荒木一郎の「梅の実」は、受験性の頃、ラジオで聴いた。

たぶん、旺文社の大学受験講座の後?いや、前だったか。

田舎の不出来な受験生は、その講座を結構頼りにしていた。

その番組は荒木一郎の「星に唄おう」、深夜放送である。

 聴く度に、センチメンタルな気分になった。

爺さんになっても、時折聴いてみるのだが、いまもって、

・・・・・・・。


「梅の実」(作詞作曲 荒木一郎)

梅の実がなった この小さな朝に
青く冷たい この朝靄の中に
梅の実は風のゆりかごにねむる
やがて生まれる子供ように
あの空あの雲 遠い調べよ
山の頂の白い雪

梅の実はいつか 赤い夕陽の
小枝の影に淋しく落ちた
梅の実はやがて大きな幹に
白い花をつける 花嫁のように
あの空あの雲 梅の実がなった
この小さな朝の朝靄の中に




トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26778635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-04-10 11:06 | 世界は昏いか? | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー