アニメ化された「虐殺器官」を観た。

b0018682_22560629.png


 「虐殺器官」(監督・村瀬修功、2017年)を、観た。

 この映画は、伊藤計劃の「虐殺器官」に概ね忠実に従っていた。

 ボクは、この小説に感心していた。

 その記憶から観に行ったのだ。

 アニメと云えば、「この世界の片隅に」にやられた記憶がまだ残っている。

 そこで、「虐殺器官」を観ると、まあものが違うのだが、できればもっと、ゴリゴリやって欲しかった。

 原作を突っつきまわして、もう一歩先に、「今日に」肉薄してくれればと。

 ダルイ。







 

by ribondou55 | 2017-02-24 23:11 | 還暦シネマ | Comments(0)