人気ブログランキング |

ひかるはだれこころのはだれおのずからのこりかそけくなるにやあらむ   哲久

 山本健吉編著「句歌歳時記 冬新年」でみた歌。

 「はだれ」とは、はだれ雪のこと。

 「光る斑雪」、「心の斑雪」・・・・自分の余命。



 ボクだって、ひそかに健康上の不安を絶えず抱いている。



b0018682_16515147.jpg



 

 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26657197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-02-16 16:52 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂