訃報有り

 不意打ちのように知らせをもらった。

 見舞うことを約束していた。

 松が明けたらと思いつつ、延び延びにしていたのだが、年が明けて間もないころには、手に負えない状態になっていたのだと、聞いた。

 その人は、「苦労」で自分自身を、磨いてきた、そういう生き方をしていた。

 

 ボクは、世話になった。

 
b0018682_23042853.jpg



  法華は仏の真如なり 万法無二の旨を述べ 
      一乗妙法聞く人の仏に成らぬはなかりけり  梁塵秘抄



 

by ribondou55 | 2017-01-16 23:11 | 合掌 | Comments(0)