人気ブログランキング |

「ふきげんな過去」

 「ふきげんな過去」(監督脚本・前田司郎、2016年)を観た。

b0018682_22412177.jpg

 全編シュールで、意味不明、わかるのは、少女は「不機嫌」、その母は爆弾狂ということ。

 少女は、二階堂ふみ、その母は、小泉今日子。

 とても、よい親子だ。

 以下、映画comからの引用。

 北品川の食堂で暮らす女子高生・果子の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子が突然やって来た。ある事件を起こし、前科持ちとなってしまった未来子の登場に、慌てふためく家族。そして、果子は自分の部屋に図々しく居候する未来子にいら立ちを隠せなかった。退屈に思われた果子の夏が、自分が本当の母親だという未来子の出現によって、特別な夏へと変わっていく。

 母未来子は、娘果子に云う。

 今みえているものは、みんな過去のできごとだ。

 たしかに、今みえているのはもう起きてしまったことだ。

 起きたことは、だいたいが落ち着くところに落ち着いてしまう、そんなことは、目に見えている。

 だから、つまらない。

 つまらないことだらけだから、むかつくのだ。

 これは、まっとうな「少女」ならみんな知っていることのように思うが、どっこい、そんな予定調和世界を、爆弾で吹き飛ばすのが、死んだことになっていた未来子母さんの、実に、堂々とした女っぷり。

 この世には、品川にも鰐もいれば、つげ漫画風のへろへろなテロリストも潜んでいる。

 たのしかった。

 ひさびさに、「映画」を観た。

 火薬の原料の硝石の結晶が、古いくみ取り便所から採取できるというのは、ずっと昔読んだ漫画雑誌からの豆知識をボクも持っていた、・・・、爆弾マニアの未来子母さんがスコップ担いで出かけたのには、笑えた。

 音楽も美術も撮影も、ボクの好みにこたえてくれていた。



 


 

 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26199718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2016-09-16 23:00 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー