人気ブログランキング |

『教団X』など

 中村 文則著『教団X 』、面白く読んだ。

 今に生きるボクラがつまずいている、バカバカしいほど膨大なあれやこれやに、立ち向かおうとしている作品であった。

 このところ、このごろに発表された小説から離れていた。

 巻頭から読みすすむ、当たり前のことだが、読むという行為を継続している間は、面白い。

 だが、一気に読み通すというわけにはいかないので、読み止しで、また明朝続きをと。

 しかし、翌朝にはこの本のことをすっかり忘れている。

 そんな調子であったので、その場限り、知りたいことだけをつまみ食いするような読みのものばかりが続いていた。

 だが、『教団X』については、二日半の間、断続的に手に取って、読み終えた。

 この頃にしては、珍しい。

 何かに刺激を受けていたのだろ。

 その何とは、だいたいわかっている。

 が、数日の内に、それも忘れるだろう。


b0018682_2237463.jpg



 抑(そもそも)茶湯の交會(こうかい)は一期一會といひて、たとへば、幾度おなじ主客交會するとも、今日の會ににふたゝびかへらざる事を思へば、実に我(わが)一世一度の會(え)なり。さるにより、主人は萬事に心を配り、聊(いささか)も麁末(そまつ)なきやう、深切(しんせつ)實意(じつい)を盡(つく)し、客にも此會に又逢ひがたき事を辨(わきま)へ、亭主の趣向何一つもおろかならぬを感心し、實意を以て交るべきなり。是を一期一會といふ。

 「一期一会」という言葉の出典であるそうだ。

 井伊直弼というお方が唱えた「おもてなし」の心得である。

 
 ボクは、この言葉を長いこと仏教由来の言葉だとかってに思ってきた、無知である。


 ボクは、この言葉の意味をこんな風に妄想していた。

 人の人の関係は、一瞬の縁。

 出会いえば、誠実に対することもあり、嘘を並べることもあり、好悪の感情も動くが、どうであれ一つの出会いは終われば、チャラになる。

 いうなれば、面倒くさい「縁」は、一瞬ではないにしても、「ひと時」のこと。

 勿論、「ひと時」とは、比喩である、人の人生の長さは星の瞬く間にも及ばないと、いうことと同じであるが。

 そういう言葉としてボクは思ってきた。

 都合のいい言葉である。

 関係がチャラになれば、その関係への執着が消えるかもしれない、いや消えることを望んでいる。

 これが、楽になれる筋道である。

 それでは、寂しくないかと云われるだろうが、寂しいのがもともとのボクの姿だと。

 まあ、まっとうな心の持ち主からは、心の狭い老人の僻事といわれて当然。


 『教団X』の読後感ではないが、思い浮かんだので書いておく。


 台風10号が、去ったら、4.5日間、一人で遠出する。

 鉄道が止まったりしないように。






 
 

 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26146619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2016-08-28 22:37 | 読み捨てご免 | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂