人気ブログランキング |

人来たら蛙になれよ冷し瓜   一茶

b0018682_10574628.jpg


 先ほど、畑から収穫。

 冷蔵庫で冷やしてから喰う。

 昔なら井戸へ放り込んで冷やすはずだ。

 一茶の瓜は、僕が作る「黄まくわ」でなく、緑色でスイカのように縦じまがはいっている品種であったかもしれない。

 その方が、蛙に変身しやすかろうと、思う。

 一茶は、他にも瓜の句を詠んでいる、その中で、ボクが好きなのは、


  冷し瓜二日立てども誰も来ぬ

  待もせぬ月のさしけり冷し瓜  

 
 夏の夜の孤独は、鬱としいものだが、冷えた瓜をかぶりとやれば、少しは気分も晴れよう。


 芭蕉に、

  闇の夜きつね下はふ玉真桑

 という句があり、こちらは、狐なのだ。

 狐が、慕う、まくわ瓜とは、ただの好物というわけでもなさそうで、この句を見るに、狐にいいようにあしらわれているような気になる。






トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/26068634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2016-08-01 11:06 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31