春旅・・・会津若松鶴ヶ城ノ夜桜

 宿から城まで、道に迷った。

 まだ8時前だというのに、まったく人気のない暗い道を、老妻とくたびれはてた。

 それでも、交差点ですこし空が開けたとき、遠くにライトアップされた天守を見出した。


 城の堀の脇の茶店は、もう食事の注文は終えていたのだが、店先の看板の会津ラーメンならできると、親切に言ってくれた。

 もちろん、腹ペコのボクラは感謝感激しつつ、温かいラーメンを頂いたのだった。

b0018682_1158155.jpg


b0018682_1158298.jpg


b0018682_11585063.jpg


 宿まで帰り道、ボクは大いに不機嫌であり、配偶者も押し黙っていた。

 会津の夜であった。
by ribondou55 | 2016-04-14 12:00 | ちょっと、そこまで | Comments(0)