人気ブログランキング |

『凶悪』を観てみた

 『凶悪』(監督・白石和彌、2013年)を、レンタルDVDで、この頃になって観た。

b0018682_2133148.jpg


 死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴いていく過程をつづったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)を映画化。取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、須藤が死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる首謀者がいるという告白を受ける。須藤は「先生」がのうのうと生きていることが許せず、藤井に「先生」の存在を記事にして世に暴くよう依頼。藤井が調査を進めると、やがて恐るべき凶悪事件の真相が明らかになっていく。ジャーナリストとしての使命感と狂気の間で揺れ動く藤井役を山田孝之、死刑囚・須藤をピエール瀧が演じ、「先生」役でリリー・フランキーが初の悪役に挑む。故・若松孝二監督に師事した白石和彌がメガホンをとった。 映画comより拝借

 公開当時、評判の高い作品であった。

 多くの感想は、リリー・フランキーとピエール瀧の演技が、真に迫って怖すぎると、云うようなものだった。

 ボクもこの作品がずっと気なっていた理由も、その二人の凶悪ぶりが見たかったからだった。

 今や、リリー・フランキーか樹木希林かという感じの超売れっ「子」であって、作品ごとに、まるで妖怪のように変身する、そんな感じがする。

 そういう方向から見ると、期待にたがわなかった。

 だが、ひとつ気になったのが、真相を明らかにする週刊誌の記者藤井(山田孝之)が、どうも。

 この手のキャラを設定することなしには映画にならないのだろうが、ボクはもういい加減にしてほしいとおもうのだ。

 母親の介護をからめて、女房との関係に鬱屈している体のゴシップ記者が、これぞジャーナリストの使命とでもいう感じに真相解明へとのめりこんでゆくという構図は、よくある。

 その情熱の発する心的な分析が、個人的な家庭事情からの逃避であるとか、あるいは、彼の告発の根源にあるのが、正義の衣をまとった犯人への憎悪であって、最も切実に死刑を熱望しているのはいったい何者だ?なんて味付けは、・・・、陳腐だ。

 ボクとしては、リリーさんやピエールさんが、さらにさらに凶悪であった、というところが見たかった。

 

 
 

 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/25432459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2016-03-01 21:33 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31