人気ブログランキング |

『きみはいい子』を、観た。

 遅ればせながら、レンタルに出たので、ようやく『きみはいい子』(監督・呉美保、2015年)を観ることができた。

b0018682_21554022.jpg


 「そこのみにて光輝く」でモントリオール世界映画祭の最優秀監督賞を受賞した呉美保監督が、2013年本屋大賞で第4位にも選ばれた中脇初枝の同名短編小説集を映画化。5つの短編から成る原作から、「サンタさんの来ない家」「べっぴんさん」「こんにちは、さようなら」という3編を1本の映画にした。真面目だがクラスの問題に正面から向き合えない新米教師や、幼い頃に受けた暴力がトラウマになり、自分の子どもを傷つけてしまう母親など、子どもたちやそれに関わる大人たちが抱える現代社会の問題を通して、人が人を愛することの大切さを描き出す。出演は高良健吾、尾野真千子のほか、「そこのみにて光輝く」に続いての呉監督作となる池脇千鶴、高橋和也ら。 映画comより拝借

 原作は未読であるが、この映画は映画として、『そこのみにて光輝く』に続く作品としての期待に背かない。

 子どもへの虐待、貧困、子どもの間のいじめ、或いは、自閉症などの広汎性発達障害があるこどもたち、それらをすべて踏み込んで流れてゆく学校の日常、勿論、それはぐずぐずの親や教師たちのありかたの問題でもあるが、それらのやっかいなあれこれを幾層にも積み上げて、「現代」を描いてゆくこの若い監督の手腕は、大したものだと思った。

 演出の冴えは、随所にあるのだが、ボクが感心したのは、誰かに抱きしめられてくることという宿題をだした、駆け出し教員の岡野( 高良健吾)が、その宿題をどのように果たしてきたか生徒ひとりひとりに尋ねて行くシーンで、とてもすばらしい。

 ぬくぬくと炬燵を囲んで一緒に観ていた配偶者は、「わァー,急にドキュメンタリーになっちゃたわ」と口にした。

 ボクも同感、あれは訊かれた子どもひとりひとりの実体験に違いないと思った、もちろん進行上の「役」を演じる子役さんもいるが、多くは素顔で実感を話していたに違いない。

 そういうことで、子どもたちの「演技」がすばらしい、なかでも加部 亜門(2003年生まれ)の才能には驚かされた。

 この作品でも、ラストシーンが、とてもいい、どんなに暗澹とした現実でも、その闇に向かって開くドアをノックすることをあきらめてはいけない。

 新米岡野は、きっとよいセンスをもった教員になってゆくだろう。

 次回作を期待して待てる監督さんがまたひとり増えた。
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/25290936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2016-01-22 21:48 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31