人気ブログランキング |

ご近所巡礼12番 早くも梅の香、門前には河童も棲む 福源山幸安寺

 昨日、同じ三ヶ尻の地区にある龍泉寺のダルマ市までゆくのに、幸安寺を素通りするわけにはいかないと、今年初めのお参りをした。

b0018682_22543441.jpg


 熊谷の西部三ヶ尻、上越新幹線北側の山門と桜の木が目印、これが幸安寺です。代々の花好きな住職、檀信徒の皆さんの協力で花の寺として知られるようになりました。梅、桜、ミツマタ、ツツジ、サツキ、紫陽花など、四季折々の花が咲きます。珍しいところでは、クマガイ草(4月半ばすぎ)ハンカチの木(4月下旬から5月初旬)牡丹は中国の苗です。
 毎年、4月29日は『花まつり』。手づくりのお祭りを開催しています。 熊谷市HPより


 ボクは、このお寺さんのファンである、大体毎年『花まつり』にはお参りに来る。

 何が好きか、このお寺の静けさである。

 しだれ桜の頃なら、それはもう云うことがない。

b0018682_23183411.jpg


 幸安寺は臨済宗南禅寺派のお寺である。

 確か、本山の南禅寺の塔頭のひとつ慈氏院には、達磨大師像の立像があって、珍しさもあって信仰を集めているとか聞いたことがある。

 この幸安寺にも、その達磨さんの堂々たる石像がある。

b0018682_23265540.jpg


 そんなご縁でいえば、これから向かう龍泉寺よりこちらの方が達磨大師への縁が深いのではないかと、なんて思うのだった。

 山門の手前の左側に蓮の池がある、そのほとりの梅の一樹がもう匂っていた。

b0018682_23272483.jpg


 で、その梅の木まで、池を巡って行こうとしたところ、ふと目を遣った足下に河童が立ち並んでいた。

 おお、昔、黄桜酒造のCMで見た清水崑の作風を連想させられる、なんとまあ色っぽい女性の河童もいるではないか。

 
b0018682_23313385.jpg


b0018682_23412264.jpg


 笑った。

 このお寺が、益々好きになった。

 朝 トースト コーヒー 味噌汁 バナナミルク 林檎
 昼 和歌山ラーメン(行列のできる・・・とか)+野菜たっぷり お稲荷さん
 夜 鯖の味噌煮 シューマイ もやし炒め ブロッコリーのサラダ ご飯 具だくさん味噌汁 野沢菜漬け




 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/25263064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2016-01-12 23:27 | ご近所巡礼記 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー