人気ブログランキング |

『スターウォーズ  フォースの覚醒』

 『スターウォーズ  フォースの覚醒』(監督 J・J・エイブラムス、2015年)を一応押さえておこうと。

b0018682_23523933.jpg


 この所、襖張りだとか、障子貼りだとか、でガンバッタので、小休止。

 こんなとき、シリアスな重いのは、避けるのが当たり前、そういう意味では、お手頃なチョイスだった。

 ボクは、『スターウォーズ』に特段の思い入れも、愛着もない。

 今回は、IMAX3Dに興味があった。

 そこで、浦和くんだりまでのこのこ出かけたのだ。

 結論としては、「そんなものだったのか」という程度で、あった。

 さほど感興も湧かず、3D眼鏡になれるまでうっとしっかった。

 3Dについては、余り面白くないのだ。

 我が家のテレビもブルーレイレコダーも3D対応、SONY製、購入して何年経ったか忘れたが、この間観たのは「アバター」とあとなんだっけ?そんなもの。

 眼鏡も結構、イイお値段だった。

 無用の長物。

 意味のない機能。

 で、 『フォースの覚醒』・・・小生のレベルでは、まあ、続き物だから、観てしまう、その辺だろう。

 ファンの皆様には見所満載で、感慨もおありのこととは思いますが、・・・・・・・、今回は、世代交代の巻、次回やいかにと、お楽しみだと存じます。

 この作品に限れば、お金をたっぷりと掛けた娯楽映画のゴージャスな感じはあったが、人物の個性は、陳腐なものだし、つべこべ言えば、キリがない。

 要は、お楽しみ映画であって、そう観れば、3Dだって、面白かった。

 ボク的には、気分転換にはいい感じだった、そう、そういう日常から遠く離れての一時を得る、それが映画館に脚を運ぶ、本来の目的なのだ。

 総合的に云って、☆四つは褒めすぎだろうと、思うのでありました。




 
 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/25207935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2015-12-24 23:34 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー