人気ブログランキング |

江戸の洪水を防ぐ治水システム・・中条堤ことなど

 昨日は、本当にポタリング(自転車で散歩すること)日和だった。

 久々にのんびりとペタルをこいだ。

 昼飯には、北河原というところでたまたま美味しい蕎麦屋に出会った。

 調子に乗って、年越し蕎麦の予約も入れてしまった。

 本当は、絶滅危惧種・キタミソウが自生する行田市馬見塚の星川まで行こうと思ったのだが、道に迷って中条堤に出てしまった。

 中条堤というのは、利根川の治水の上では、歴史的には極めて大きな役割を担ってきたもので、この地の先人たちの多大な犠牲をわすれない為にも、長く守ってゆくべきだとおもった。

 その道のりで、こんなものを見かけた。

b0018682_2133240.jpg


 熊谷市四方寺の田んぼの脇である。

 目を惹くのは、その木の根元である。

b0018682_2154446.jpg


 木の根元からすぐ上の幹が、石碑をがっしりと包みこんでいる。

 いとおしんでいるかのようでもあり、その銘が、「奉讀誦大乗経一千○○・・」とあるのだから、石碑を建立した人々の気持ちがこもっている、そん風にも思えた。

 その場はその程度の物珍しさであったが、夕食後、画像を眺めると、日付が「寛保二年壬・・・」とあって、なにやらボクの衰えた頭がモヤモヤとするので、年表にあたってみた。

 ありました。

 「寛保二年江戸洪水」の年でありました。

 寛保二年壬でありましょう。

 この碑のある四方寺は、中条堤に接する堤防のすぐ外側の地域である。

 その中条堤は、寛保二年8月1日の洪水で、決壊してる。

 当然、四方寺も酷いことになったはずだ。

 

 とりあえず、今はここまで。

 



 補注・『中条堤』とは。ウィキから拝借すると、長いが、こんなことだ。

 中条堤(ちゅうじょうてい)は、埼玉県熊谷市付近に設置されていた堤防であり、東京(江戸)を水害から守る治水システムの要であった。

 利根川と福川の合流点の2.5キロメートルほど上流に位置し、利根川の堤防に対し直角に、おおむね福川の旧流路の南岸に沿って4キロメートルに亘って続く堤防である。この堤防により、増水時に利根川や荒川の水を上流の熊谷市一帯と深谷市の一部を含む地域に意図的に氾濫させ、下流の洪水を軽減し結果的に最下流の東京(江戸)を水害から守っていた。
 この中条堤付近は利根川の勾配が緩やかになる地点であり治水上重要な地点である。中条堤の下流の行田市酒巻と千代田町瀬戸井間に人為的に狭窄部を設けるとともに、左岸の群馬県側には文禄堤が築かれ、中条堤、狭窄部、文禄堤が漏斗の型を構成し、利根川上流で発生した洪水を受けとめる仕組みになっていた。利根川の上流で発生した洪水は、その勢いを失うことなく流れ下るが酒巻・瀬戸井の狭窄部において行き場を失い、中条堤に沿って溢れ出し上流で氾濫を起こす。その面積は、山手線の内側よりわずかに狭い50平方キロメートルほど、1億立方メートル以上の貯留が可能だったといわれ洪水時に大きな効果を発揮した。これにより酒巻・瀬戸井の狭窄部より下流には制限された流量しか流れなくなり、利根川は流量的には中小規模の扱い易い河川となっていた。

 中条堤の起源については、延徳2年(1490年)忍城主成田親泰築堤説、天正20年(1592年)松平家忠築堤説など諸説があるが[1]、その巧妙な仕組みからみて伊奈忠次によって本格的な整備がなされ、その後徐々に拡大されていったものと考えられている[2]。中条堤は時代を経て徐々に規模が拡大され強化されている。利根川の治水において中条堤への依存度が次第に高くなったからである。
天明3年(1783年)には浅間山が噴火し、大量の土砂が流入。利根川の河床は著しく上がり中条堤を要とする治水システムは機能しなくなった。幕府は赤堀川を拡幅し機能の回復を図り、これにともなう下流への流量の増加に対しては関宿の江戸川流頭に棒出しと呼ばれる突堤を創設、江戸川への流入量を最小化した。行き場を失った水は銚子方面へ溢れ出し、現在の利根川下流域の水害を深刻化させることになったが、中条堤を要とした治水システムは維持された。
 江戸を大洪水から守ってきたこの治水システムではあるが、上流側と下流側では利害が相反し大きな対立を招いていた。それまでは江戸幕府や明治政府の強権のもと統制され維持強化されてきたが、明治43年(1910年)の大水害で中条堤が破堤し、その修復をめぐりこの対立が表面化、埼玉県政は大混乱に陥った。現状維持の修復を求める上郷側の例規慣習を無視した増築には反対とする決議に対し、強化復旧を主張する下郷の住民1,000人余りが警官隊の制止を押し切り県庁に殺到、中条堤増築の示威運動を行うなど大騒動が生じ、難航の末、中条堤の高さはそのまま、堤防幅を広くすることで妥協がはかられ、酒巻・瀬戸井の狭窄部は拡幅し、連続堤防方式を骨子として修復されることとなった[3]。これは、強権のもと統制強化されてきた地域格差が社会的に許されなくなったことによるもので、さらなる拡大強化には無理があり、中条堤自体は復旧されたもののこの治水システムは崩壊に至った。

 現在の中条堤の跡。

b0018682_22592181.jpg

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/25185203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2015-12-16 23:00 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー