人気ブログランキング |

土から離れては生きられない。

 消費税の軽減措置を巡って、与党間でごそごそやっている。

 生鮮食品までか加工品もか、さらには外食までか?

 配偶者のように主婦感覚でいえば、8%か10%か、それなりに大問題らしいが、2%の差なんて、すぐに無感覚になる。

 本当に生活に逼迫している人々の支援というには、まったく体を為さない。

 もともとの8%が重税なのだ。

 老い先短い我ら老人はまだしも、すべての若年労働者や子ども達が、腹一杯気兼ねなく食えるようにしてほしい。

 そのかわり、グルメ自慢の連中御用達の店などでは、☆の数に合わせて倍加する消費増税をすればいい、それも自慢の種になろう。

 

 さて、野菜も生鮮食料だが、なぜ?スーパーの棚に並ぶ野菜は、あれほどにみずみずしく見えるのか、不思議だ。

 だいたい、野菜というやつは、例えばほうれん草なら、土から抜いてそのまま放置しておけば1時間足らずで、完全にしんなりとなって、半日もおけばもう、口にしようと思えなくなるほどに萎れてしまう。

 だが、スーパーの野菜は、遠い産地からはるばるやってくるのにどのくらいの時間が要しているのか分からないが、とっても新鮮そうにみえる。

 どんなマジック?


 ボクの畑の今年の冬野菜は、よい出来とは到底云えない感じになってきた。

 今日、沢庵を20キロ漬け終わった、20キロというとたいそうなと、知らない人は思うだろうが、じつはささやかものである、つまり大根の出来がよくなっかったのだ。

 それでも、発育不全のほうれん草・人参、育ちすぎた小松菜、妙に元気がいい水菜、春菊、白菜・・・・、そんな物が穫れてくる。

 感謝である。

 土の力は、圧倒的に大したものなのだ。

 さよう、土から離れるやいなや、命という命は萎れてゆくのだ。

 見かけ倒しの新鮮さにだまされていけない。


 これも、土からの贈り物。

b0018682_17154638.jpg










トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/25172874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2015-12-12 17:03 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂