人気ブログランキング |

「国際市場で逢いましょう」は、高品質の娯楽映画でした

 「国際市場で逢いましょう」(監督;ユン・ジェギュン、2015年)を観た。

 韓国で歴代2位となる観客動員数1410万人を記録した大ヒット作。前作「TSUNAMI ツナミ」でも1132万人動員という記録を打ち立てたユン・ジェギュン監督が、釜山の国際市場を主舞台に、激動の時代を家族のために生きたひとりの男の生涯をつむいだ大河ドラマ。朝鮮戦争で父と末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の妹とともに避難民として釜山で育ったドクス。父親代わりとして一家を支えるため西ドイツへ出稼ぎにいき、ベトナム戦争への出兵では生死の瀬戸際に立たされるなど過酷な人生を歩むが、それでも家族への愛情と笑顔を絶やさず、時代の荒波を生き抜いていく。 映画comよりそのまま拝借

b0018682_028184.jpg



 韓国のある庶民の家族史であるが、それはそっくりそのまま韓国の「現代史」に重なる。

 笑いあり、涙ありの波瀾万丈の主人公から、朝鮮戦争以降の人々の苦難が少しだけボクも分かった。

 佳い作品だった。



 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/24667082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2015-07-08 00:28 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31