人気ブログランキング |

秋雨や我にひとしきかたつぶり   一茶 (文化句帖)

 『まほろ駅前狂想曲』(監督・大森立嗣、2014年)を観た。

b0018682_1138860.jpg


 三浦しをんの同名ベストセラーを瑛太&松田龍平主演で映画化した「まほろ駅前多田便利軒」、その続編として製作されたテレビドラマ「まほろ駅前多田番外地」に続くシリーズ第3弾。まほろ市で小さな便利屋を営む多田啓介のもとに、変わり者の同級生・行天春彦が転がり込んできてから3年目。多田は行天の元妻から、行天さえも会ったことがない彼の実娘はるの子守りを依頼されてしまう。一方、まほろ市の裏番長・星からは、新興宗教団体を前身とする謎の野菜販売集団の極秘調査を押しつけられる。かつてない厄介な依頼に悪戦苦闘するなか、バスジャック事件にまで巻きこまれてしまい……。監督は「まほろ駅前多田便利軒」も手がけた大森立嗣が続投し、キャストにも高良健吾、真木よう子、本上まなみ、大森南朋ほか映画版やテレビ版でおなじみの顔ぶれが再結集。さらに、行天の過去の秘密を知る謎の男役で永瀬正敏が登場。 映画.comより

 多田と行天の関係がじわりじわり深まっていくようで、面白い。

 馴れ合っている部分より、むしろ緊張感を漂うわせる場面が見どころなのは当たり前だが、二人の間に底流するものは、とても健全なもののように感じる。

 ひどく異質な二人のまなざしが絡み合って、出来事の「根っこ」が浮かび上がってくる、名コンビだ。

 寅さん亡き後の、「人情」ドラマ不在でちょっと寂しい中その筋のものとして、今回三作目、今時世話物として本格的にシリーズ化されるのだろうか、そうなってほしい。

 三浦しをんさんにも頑張ってほしい。

観ている間、地震が3度体感された、ちょっと怖かった。


 ◎ 岩波文庫の『大江健三郎自選短編』をぽつぽつ読みながら、思うことが多い。

   ずっと昔読んで以来、今もとても面白い。


 ◎ 雨の一日。

 先ほど、配偶者と大福でお茶を終えて、読みさしの伊藤比呂美さんの「たどたどしく声に出して読む歎異抄」を開いてみると、文章を読み進むそばから、感想とも雑念とも区別がつかないが、ふわりふわりと老弱したおつむに浮かんでは、消える。
 
 そんな思いの中に、「俺っていう人は、俺以外の人には、関心がない。、そうだな。」と。

 

 
 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/23606205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2014-10-22 11:22 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31