人気ブログランキング |

『祖谷物語 -おくのひと-』

 『祖谷物語 -おくのひと-』(監督・ 蔦哲一朗、2013年)を観た。

b0018682_910297.jpg


 ‎169分‎‎ の長編、不思議と眠くならなかったのだが、YAHOOの☆4.16点は、高得点過ぎるだろうと思うのだが、ボクに見る目がないのか、・・・・まあ、多分そうだ。

 日本最後の秘境と言われる徳島・祖谷(いや)を舞台に、都会からやってきた若者と人里離れた大自然の中で暮らす人々の交流を通し、大地に根ざして生きることの尊さを描いた長編作。弱冠29歳の新鋭・蔦哲一朗監督が35ミリフィルムで四季折々の自然をカメラに収めて撮り上げ、2013年・第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門にも出品された。東京から自然豊かな山里の祖谷にやってきた青年・工藤は、自給自足の生活を始めようとするが、一見のどかな村にも、土建業者と自然保護団体との対立や、田畑を荒らす野生動物と人間との戦いなど、さまざまな争いがあった。そんな時、山奥で質素な生活を送るお爺と女子高生の春菜に出会った工藤は、2人の静かな生活に心が洗われていく。しかし、時が流れるとともにお爺の体が弱っていき……。若手アクション女優として注目を集める武田梨奈がアクションを封印し、春菜役を務めた。お爺役に田中泯、青年・工藤役に大西信満。「殯の森」「萌の朱雀」の河瀬直美監督も女優として出演している。(映画・comより拝借)

 映画・comさんも、他の作品に比べて、やや「高熱」の紹介文か。

 この作品、ひとえに田中泯のシブーィ、嫌な言葉だが「存在感」、或いは、「身体」に支えられていて、もうひとつは、武田梨奈、どうも、若い壇密に見えてしまうのだったが、彼女が演じる女子高校生のはち切れんばかりの「肉体」が見所だ。

 映画は、前半の祖谷での暮らしだけだけで、終わっておけばよかったと、思わないこともない。

 後半の春菜の東京?暮らしから祖谷へのリターンのお話に、この監督さんはどれほど本気だったか、疑問?

 繰り返すが、やっぱり田中泯であって、彼が画面に現れると「映画世界」が、祖谷の森となって息づきはじめる、たいしたものだ。

 そのほかの諸々は、さほど感心できなかった。

 開発か保護か、どちらもぴんと来ない。

 河瀬直美監督の雨宮先生が作中でお嘆きの「無関心な人々」のボクはひとりかも知れない。

 大西信満さん、この役者さんの出演した映画は『赤目四十八瀧』以来、結構たくさん見ているのだがどうも・・・・、の「覚醒」もボクが鈍いのだろうが、ピンと来ない、彼が棚田の跡で作る野菜は、アレは、家庭菜園である。都会から流れついた農業経験がからっきし無い男の畑は、当然そんなものになるのだろうが、だが、そういう演出であったとしても、嘘くさくて、まあこんなものだろう感が一目でわかった。

 ボクは、秩父辺りの山村しか知らないが、タフな作り方をする。

 

 春菜は、森の精霊たちに命を助けれた存在であった、確かに「オオカミ少女」的な。

 田中演ずるお爺は、もともと山神の側にいたのだから、春菜を拾って養育するのは必然であった。

 その彼女が、石神井川だか、神田川だか、目黒川だかボクには見当もつかないが、その川っぷちに流れついた祖谷のお婆ァが作った人形を発見する。勿論、ぼろぼろになった人形は都会へ冒険に出た祖谷の精霊が籠もっていたものなのだが、それをつれて、谷に帰って行くのであった。

 そこで、家庭菜園でキャベツに水をやっている大西さんと再会したのだった。

 自給自足に挫折してもうとっくに姿を消しているはずの彼がいたのだ。

 なんで?

 で、どうした?どうなった?

 弱冠二九歳ならもっと大胆になってほしいかった、とか。

 ボクのようにしなびた頭脳の持ち主には、ストレートに云ってもらえないと分からないのだ、お願いしますよ。



 


 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/23540556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2014-10-10 09:03 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31