人気ブログランキング |

朝顔は命の中のいのちかな     子規

b0018682_8152030.jpg



  『友だちと歩こう』(監督・緒方明、2013年)を観た。

  上映館の深谷シネマのキャッチコピーは、

 『いつか読書する日』の緒方明監督と脚本家の青木研次が再タッグを組み、団地に住む2人の老人、30代の男たちのそれぞれの友情を描くドラマ。団地から脚を引きずりながらたばこを買いに行く老人の道中を描く第1話「煙草を買いに行く」のほか、「赤い毛糸の犬」「1900年代のリンゴ」「道を歩けば」の4話から成る。4人の男たちの日常に起こるちょっとした出来事に、思わず顔がほころぶ。

 とある。

 老人を演じる二人は、上田耕一さんと高橋長英さんであるが、このお二人は小生等はテレビや映画で長い間見続けてきた俳優さんである。高橋さんは、舞台でも観させて貰った。

 上田さんは1941年、高橋さんは1942年の生まれであるそうだ。小生よりちょっと年上の方々である。

 その二人が仲良く連れ立って歩く姿がスクリーンにあるだけで、もうたいしたこと?だ。

 ひとりは麻痺した足を不自由にやっとこさ運び、もうひとりはパーキンソン?の患者さんのようにつんのめりながら前進する。

 その上、土手下に転げ落ちた二人の眺めは、ちょっと忘れられない。

 勝手につけた戒名も、とてもいい。


 そして、二人だ歩くところ、ちいさなエピソードが生まれる。

 小さなといっても、手強く本質的なことナンダガ。


 それにしても、『人類愛』という言葉をまともに聞いたのは、この数十年来の出来事だった。



 さて、今朝は涼しい、夕方から雨の予報だが、今の内に畑に出よう。



 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/23239970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2014-08-25 08:39 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31