人気ブログランキング |

朝夕はとても過ごしやすくなった、今年の夏野菜は。

 もうすぐに、8月も終わる。

 この数日、明け方は、これまでははだけていたタオルケットにくるまって寝たくなる。

 熊谷は、案外、都内より朝夕は過ごしやすいかも知れない。

 腰の調子が大分よくなったので、調子にのって、午前中、9月はじめの種蒔き、苗の植え付けに備えて、苦土石灰と堆肥を畑に撒いた。軽く三角ホーで耕した。腰は、座って立ち上がる、そんな場合は酷く痛むが、不思議とホーで耕すようなことにはまったく影響が出ないのだ。

 そこは、タマネギと小松菜、ほうれん草を作っていたところで、これから大根・白菜・ブリッコリー・それにサニーレタスなどを栽培する。白菜は、昨日連結ポットに種を蒔いた。本葉4、5枚で定植できる。

 野菜作りのサイクルがこんなに忙しいものだとは、知らなかった。

 まことに一年が過ぎるのが早い。

 このところの雨で薩摩芋や葱は息を吹き返している。だが、里芋の葉はまだ小さく縮こまっているままで水不足は強く影響しているようだ。落花生は、乾燥に強いようで葉を茂らせ炎天下でも花をよく付けていた。オクラは、全くのマイペース、優等生だ。ピーマンは、黄・赤も含めて、期待通り。シシトウは、ちょっと、かじかんだ感じ。鷹の爪は、真っ赤に色づいている、昨日パスタに使ったてみたが、すごく辛い、ヨイ出来だ。その他の唐辛子類もわるくないようだ。今年はじめての九条葱の生育も順調?と思う。インゲンはつるなしの方が好成績。

 ハーブは、もともと雑草?なので、むしろ育ちすぎ。

 サラダゴボウはまだ結果がでない。

 胡瓜は、ウリハムシにやられた。もっと被害が大きかったのは、ズッキーニだ。これの対策は、来年度の課題、マラソン乳剤が効くのだそうだが、やはり、農薬は必要最低限は利用すべきだろうか。

 茄子は、テントウムシダマシ、ナメクジ、カメムシ、ハダニ、オンシツコナジラミ、アブラムシといった害虫のしわざであろうか、(ボクにはどれだかわからない、)葉が褐色になって微細な虫食いの痕がある、ぼろきれのようになって、みるみる内に衰えてくる。でもこれは、この頃涼しくなってだいぶ荒れ方が穏やかになった。

 枝豆も、三期に分けて種を蒔いたのだが、後の二回は虫にやられた。

 いずれにしろ、農薬の使い方について、研究しようとおもう。

 有機無農薬というのが、家庭菜園では王道なのだろうが、これについても、・・・・・・・。

 今日、ズッキーニは撤去した。花屋の店先に売れ残っていた、2株100円の苗にしては、よく頑張ってくれた。ありがとう。ズッキーニは娘の好きな野菜である。


b0018682_17403150.jpg

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/20912409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2013-08-28 23:13 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂