人気ブログランキング |

初夏の晴れ上がった空の下、情けなくも自転車にて転倒の巻

 

 2013年5月23日

 自転車に乗って町中に出た。

 地方にはよくあるのれんのやや寂れ気味のデパートで買い物をした。

 買い物と云っても小さな品物、ポケットにいれた。

 両手はちゃんとハンドルを確保できる。

 ボクの常用の自転車はGAIANTのエスケープとう云う奴で、もう年代落ちのモデルながら当時の一番上のグレードで、5年間以上もずっと愛用している。

 これは普通のママチャリよりちょっとタイヤが細く、フラットハンドル、変速機も装備されていて、車体も軽い素材でできている。

 町中でも、一番整備されたちょっとおしゃれに整備された道を、JRの駅方向へ走っていた。

 よく晴れて、初夏の川沿いの道である。


 「嗚呼、転ぶぞ!」

 と、妙に冷静な判断が脳裏をかすめて、・・・・結果的に転んでいる。

 ほとんど段差がないと見えたものの、車道から歩道へ乗り上げる幅20センチほどの斜面で、前輪が滑ったのを、確かに見ていた。

 滑るかもしれないという恐れを事前に感じていたからだ。

 それでも、ハンドルをキープ出来なかった。

 なんで?

 危険性を察知しながらも、まんまと転んでしまう。


 恥ずかしい。正面から歩いてきた中年女性が駆け寄ってきて、「前のタイヤが滑りましねエ。大丈夫ですか?」と、親切に言葉をかけてくださる。

 後ろから来た作業服のお兄さんが3,4人無言であるが、立ち止まって気遣ってくださる。

 ボクは、恥ずかしさばかりが先行して、無様に歩道に投げ出された身体を起こしながら、「大丈夫です。大丈夫」と慌てふためいて繰り返す。

 「転ぶぞ転ぶぞ」と、予測しつつ転んだのに、その結果に慌てている。

 「ああ。あれが、我が人生の愚かさの本質だった、と・・・。」

 勿論、身体のあちこちの痛み具合をチェックするように、のろのろとペタルを踏む帰路の道すがら、身にしみて思ったのである。

 幸い砂利道ではなく、路面はつるつる、スピードものろのろ、そういうことで、擦り傷一つなく外見上は問題ない。

 一応、転ぶぞ警報が身体反応にも伝わったらしく、反射的に回避的な反応も少しはできたらしく、・・・何も覚えていないのだが。

 ボクの貧弱この上ない運動神経よ、よちよち歩きの赤ん坊以下の身体能力よ、その割には、よくやった。

 これが、下り坂カーブ、砂利道なんぞであったら、全身血だらけと相成る。下手すると確実に骨折事故となる。

 ああ、やはりでも、ヘルメットを装備する時期が来たのかもしれない。

 遠出はスポルティーフという車種に乗り換えるのだが、これとて、転倒するときはきちんと転ぶはずだ。

 (あっ、あのときの女性や若者のお気遣いのありがとう、でもどうか、いい年してすかしたチャリになんか乗ってるから転ぶのだと、・・・そんな風に思わないでほしいと・・・。)

 だとしても、ピチピチモッコリのレーサー風のユニーホームは、金輪際お断りだが、ヘルメットは、・・・「こころ旅」の正平さん風にしてみようか。迷うのである。


 とにかく、本愚録に「記録」しておこう。

 今夜は、オムライスが食べたい。


b0018682_18281693.jpg


 身体が痛くて、野菜畑に行けないので、空ばかり。


 2019年05月22日 追補
 
 
 高齢者の運転能力への疑問が、連日ワイドショーで語られている。

 前の転倒は、幸い?誰にもご迷惑をかけないですんだが、その懼れが十分アル失態だった。

 車道側に転んだのだから、後続の車があれば、ボクを轢くことになったかも知れない。

 そうなれば、運転されている方にとっては、迷惑千万ではすまされない。

 
 ボクは、ワイドショウのコメンティターのどなたかがいうように、運転能力は年齢を問わず、全く個別的なものだというのに、賛成でアル。

 ついでにいうと、能力とともに「資質・適性」についても同様でアル。

 それをどうすればチェックできるのか、大変ムズカシイのは誰にもわかる。


 ともあれ、個人的には加齢によって、とっさの臨機応変の対応が鈍くなっているような気がする。

 ボクは、あの一度の転倒以来、自転車に乗る際は、随分慎重になったと思う。

 自動車についても、最近、自動ブレーキの車に乗り変えたのだが、だからといって気を許すことはできない。

 
 ボクにも幼い孫がいる。

 かれらにもしもの事があればと、思うと。


 いずれ免許証返納の時が来る。

 ・・・、今すぐ、返納しても、余り困らないかも知れない。



 
 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/20454742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2013-05-17 18:34 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂