人気ブログランキング |

菜園作りはちょっとしたギャンブルに似ている。

 世間はゴールデンウィークであるから何やら楽しそう。

 しかしながら、こちとらは死ぬまで続くゴールデンライフである。

 そんなであるから、高速の交通渋滞のニュースに触れたりすると「ザマァ見ろ」と悪態の一つも口をついて出ようものだ。

 
 近所のホームセンターまで自転車でおつかいにやらされた。

 洗濯ばさみを購入して参れという奥方の言いつけである。

 いい年してガキの使いである。

 ゴールデンライフの馬鹿馬鹿しさはこういうところで極まる。


 さて、店について驚いた。

 かなりのスペースで展開されている園芸のコーナーがごった返していると云ってもオーバーではないような。

 それもボクと同年配のジッジバッバばっかりが目につく。

 巣鴨の地蔵通り商店街でもあるまいし、何事かと思って目をこらすと、、どうやら野菜の苗がお目当てであった。

 なんでもある。

 ナス、キュウリ、トマト、オクラ、レタス、ブロッコリー、枝豆、トウモロコシ、ズッキーニ、・・・・・・・・。

 レジには長蛇の列。


 で、ちょっと、焦った。

 世間様はもう「農繁期」に突入していたのだった。

 「家庭菜園」といえども、隣の芝生ならぬ隣の畑には大いに関心があるのだ。

 例えば、通りの向こうからこちら側に横断してきて、わざわざボクの畑の脇を通り過ぎる御仁がおられる。

 ニコリともせず、それでいて、必ず畑を一瞥する。

 うつむき加減の姿勢で、HONDAのロゴ入の入った赤いキャップを目深にかに被り、目元の暗がりからジワッと見てゆく・・・・・・、ような気配でひりひりする。

 畑は見るが、ボクの存在には目もくれないぞ、そういうオーラーが全身から発せられている。

 ボクはこの御仁が何者か知らない。

 大抵、鍬や三角ホーやジョウロなんかを手にしている。

 
 そんなこんなで大いに煽られて、内心焦って、本日ボクも第一次の苗の植え込みを行った。

 もちろんホームセンターなどでは買わない。

 昔から地元では有名、信頼されていると聴いている「種屋」から買った。

 ところが、専門店といえども、店先にたむろしているのは、素人さんばかり。

 専門農民は、軽トラ一杯になにやらの肥料を積み込んだりしている、がそれも希。

 客は、素人か、隠居した元農民。

 今や種屋なんて云ってもその程度か、と・・・。

 JAがきっちり仕切っているのか?

b0018682_82826.jpg


 ところで、ジッジバッバは真剣だ。

 口では、「年寄りは、作るの楽しみだがねエ、でも、すぐに枯れちゃってね、ヒッヒッヒ」とか、なんて云っているが、内心は大収穫を狙っている。

 ゴウヨク、ゴウツクバリばっかりだ。

 かく云う私メもご同様。

 一本100円のシシトウ、ピーマンの苗を掴みあげては幹の太さや葉っぱの色艶、花の蕾の付き具合なんかを見比べて選定に余念なさそう、・・・・な、振り。

 まこと、まったく、「振り」ばっかり、何も分かっていない。

 結局は神頼み、「神様!これでお願い!」と拝みあげて購入したのだ。

 本日のナス苗は、白ナス、米ナス、小ナス、・・・なんと、本命の千両二号は購入せず。

 購入しないことの深慮遠謀は、・・・・・・・・無い。

 ただの優柔不断。

 それと、ピーマン、シシトウ、黄ピーマン・橙ピーマン・赤ピーマン、なぜか、ピーマンばかり喰う羽目になるこの夏が、こうして、日記を書いている今となって怖くなってきた。


 植え付けは、永田農法風に、・・・結局は自己流だ。

 すべては、神頼み。

 だが、神頼みでも、あれこれ考えてみる、・・・・・、無駄なことである。

 防風用のトンネルは入念にした。

 液肥もたっぷりやった。

 クンタンだって敷いた。

 
 普通食いの千両二号の植え付けは明日以降。

 続いてキューリ。

 スイカ、の予定。


 つまるところ、トーシロの俺がやる家庭菜園は、けっちいギャンブルだ。
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/20367295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2013-04-30 23:24 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー