人気ブログランキング |

秩父市吉田「天空の里」で神楽を楽しんできた。

 「天空だんべぇ石間」、どこかで見かけたポスターを記憶していてでかけた。

 もちろん、台風接近中の朝である。

b0018682_23535164.jpg


 農民ロケット「龍勢まつり」でよくしられた旧吉田町の奥深くに点在する集落の地区、石間(いさま)である、今は秩父市に合併している。

 道の駅「龍勢」から下吉田方向へ進み、椋神社を左手に過ごして、しばら行って、吉田石間交流学習館の案内標識で、右折し山間の道を行くと目的の集落に行き着く。

 学習館には、秩父事件の資料展示室がある、ここ石間は秩父事件発祥の地であるそうだ。

 集落の入り口近くか、漆木神社の祭礼の日でもあり、神楽が奉納されていた。

 ほのぼのとした雰囲気の穏やかな祭礼で心惹かれた。

b0018682_23582538.jpg


b0018682_23591834.jpg


b0018682_00853.jpg


b0018682_004326.jpg


 この神楽は,秩父市の無形文化財に指定されている、正式には「諏訪神社神楽」というのだそうだ。

 演目も多彩で、面や衣装も清らかでうつくしい。この地区の人々の熱意のほどが本当によく伝わってくる。

 中でも、「大蛇退治」の神楽は楽しかった。

 素戔嗚尊の八岐大蛇を退治した神話に依っている。

 櫛名田比売がとても美しかった。

b0018682_017016.jpg


 姫の計らいで酒に酔った大蛇と戦う素戔嗚尊は真に雄々しい。

b0018682_0185570.jpg


 大蛇を退治した素戔嗚尊は、「八雲立つ 出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を」と歌って姫を妻にむかえる。

 最後の素戔嗚尊の舞は、まことに勇壮でりりしかった。

b0018682_02594.jpg



 楽しく観させてもらっていると、空模様が険悪になってきた、台風は着実に接近中であったのだ。

 
 ところで、石間の「だんべぇ」で食べた手打ちのお蕎麦はとてもおいしかった。これは忘れないでおこう。トウモロコシの粉で焼いたお焼きもよかった。


 今日一日、配偶者は上機嫌であった。これがなにより。

 目下の一句014.gif

  橡の実の屋根うつ音のしきりなり   李凡堂




 


 
 



 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/19071138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2012-09-30 23:15 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31