人気ブログランキング |

もはや、秋の気配たっぷりの湯ノ丸高原であった。

 妻の気分転換のため、夏が終わった湯ノ丸高原へ、ドライブにでた。

 池ノ平の駐車場から駒草が自生するあたりまで登り、持参したにぎりめしを食い、池のある低地の木道まで下りて、ゆっくりと歩いた。

 
b0018682_21243744.jpg



b0018682_212527.jpg



 蝦夷リンドウが、盛りであった。


b0018682_21334290.jpg



 秋が来ていることは、何より風の清浄な冷たさでわかる。

 咲き残り、マツムシソウ。


b0018682_21253685.jpg



b0018682_21263172.jpg


 復調したようだ。

 帰宅すると、耕耘機が届けれてきた。

 楽しみというより、やれやれ、また,やっかいなことを引き受けてしまった、という気分。

目下の一句001.gif
  りんどうの藍あをぞらの重さかな    李凡堂
  


  
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/18985434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2012-09-14 21:26 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂