人気ブログランキング |

映画『エンディングノート』//死に神にお願いできないだろう。

 己が身の上のわずかな変化も、ボクの意志などどうでもよさそうだ。

 なりふり構わず、とうより、なるようになれと。

 なもあみだぶう。


 もうすでに昨日だが、何ともすばらしいお天気であった。

 
 午前中、老犬を散歩させる。

 「エンディングノート」(砂田麻美監督・2011年)を見た。



b0018682_05303289.jpg


 深谷シネマ、久しぶりに。妻は大変感激した、ボクは、カナワネーな、とちょっとしらけた。
ボクは、エンディングノートなんて、ばかばかしいと思う。

 死に方というのは、個々ひとりひとり全く違う。
 他人様の死に様から学べることない、
 たとえ余命二ヶ月と宣告されたとしても、段取って死ぬことなど出るはずがない。
 死神は、気まぐれだ。
 
 午後、母に会った。
 今日は、すぐにボクが彼女の二番目の男児であったことを思い出した。
 「ハヤク死にたい」と嘘を言っていた。
 伊勢屋の芋ようかんをサイの目に切って、二人で一本食べ尽くした。
 5月連休は我が家で過ごす。

 夜、「東京公園」(青山信治監督・2011年)をDVDで。

 ボクは、とても好きな映画であった。
 ボクも公園がすきだ。
 この監督さんの作品で、一番好きだ。

 深谷シネマのある「七ツ梅酒造」跡には、オープンセットが組まれていた。NHKの朝ドラだという。

b0018682_13347.jpg


b0018682_132821.jpg


b0018682_143626.jpg


そして、今夜は。

     葉桜やバッファリン欲し月明かり     李凡堂



 

 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/18211025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2012-04-29 07:34 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31