人気ブログランキング |

男たち立ち蕎麦を喰う凍鶴忌    李凡堂

 さむい、サムイ、さむい・・・

 と、いくら言ってもぬくもる訳ではないが、不愉快だ、腹が立つ。

 なんだか、特殊な感じの寒さのような気がする。

 氷柱の芯にこもる冷たさのような徹底した「寒気」が、巷に張りつめているような気がしてくる。

 なにか、禍々しいことが、生まれ出てくるような、そんな予感がシテならない。

 妄想。


 誰かに飲みに行きませんかと、声をかけようと思うが、サムイので、すぐに帰宅したくなる。

 年を越した口約束もそろそろ時効になるのだろう。


 とにかく、2013年の一月の寒さは記憶しておくべきだ。


 DVD二本。

 「アイボーグ」(監督リチャード・クレイボー 2010年)
b0018682_2318530.jpg

 目玉型監視ロボットが、面白い。ゲゲゲの目玉のお父さんのような愛嬌はなくて、なにか、小型の恐竜、鳥の祖先のような奴。あんなのが、そこいら中でうろうろしたらケッタクソ悪いだろう。

 人類vsロボットの壮絶な戦いを描く、VFXを駆使したSFアクション!アメリカ政府はテロに対抗するために監視自由法を施行。独立ロボット型カメラ“アイボーグ”を導入し、そこから得た映像を国防情報光ネットワークにリンク。瞬時に解析し、有事の際にはアイボーグが自ら攻撃することで犯罪行為を未然に防いでいる。しかし国土安全保障省のガンナーは、この監視システムに疑いを抱くようになる…。アマゾンのDVD紹介文。

とっても楽しめた。




 「まほろば駅前多田便利軒」三浦しをんの小説の映画化。監督大森立嗣。2011年4月公開。

 多田啓介(多田便利軒経営、バツイチ) - 瑛太と行天春彦(中学時代の同級生、よく喋る変な奴) - 松田龍平の奇妙な友情が見所。片岡礼子も娼婦役で登場。

 啓介と春彦が仲良く銭湯でむさくるしい長い髪を洗いながらもそもそ肩を並べて会話するシーンは、よろしい。

 見終わったあとでの感じはよかった。

 三浦しをんと読めず、ずっと、をしんと思いこんでいた。
 申し訳ないので、とりあえず、二三作、読んでおこう。


 
トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/17713144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2012-01-30 23:20 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー