人気ブログランキング |

ちょっとアートな横浜あそび風に、歩いてみた。

 ヨコハマトリエンナーレ2011 を覗いてきた。

 artもお金になる時代になってきたのだろうか。

 お金にできないアートなんて、この節意味がないのか。

 エライ人出であった。

 ちょっと、おしゃれなデートスポット。

 映画観るより、小耳ケーションも、深まるし、いうことなし。

 ほとんど、学園祭の雰囲気。

 おじさん一人では、ちょっと、浮いているかもしれないが、どうってこともない。

 会場整理係ボランティア?の声がうるさいし、そうか、前回もそうだった。
 展覧会場内におまわりさんがいるようだった、というと言い過ぎか。
 

 なにごとによらず、お金になるときは、すでに陳腐でなければならない。

 「陳腐」って、愛されるのだから。


 それにしても、カメラ片手の女の子の多さにビックリ。

 さすがに撮影禁止の作品にカメラを向ける人は見かけなかったが。

 そのことの方が、ずっとおもしろい。

 その内、国民総アーチストってことに、きっとなる。

 美術館でデートする時代がやってきたのだ。

 高齢者は高齢者で、巣鴨からアートへ。

 経済効果、すばらしい。ブーム到来か?

 横浜美術館の脇のショッピングモール周辺で、お子様にハロウィンの仮装をさせて何やら楽しそうなイベントをしていた。あのバブリーなタワービルの方と反対の側の方だ。家族連れがベンチでマックのお昼、いいね。

 でも、ふーん、ヨコハマだね、と思いつつうろついてみた。楽しかった。  
 
 本題の展覧会では、面白いと思ったのは、横尾忠則のこんどは真っ暗なY字路のシリーズ、これはそうでしょう。あれは、静物画の中の風景だろうか。

 マッシモ・バルトリーニ・池田 学・金 理有・国芳?・薄久保 香・湯本豪一コレクション ・・楽しかったり、感心したり。その他数点あったが、作品名も作者も忘れた。覚えられるはずもない。

 第一に、人が多すぎて、おちおち観ていられない。

 まして、ダメクサイのは記憶しない。

 それに、ビデオ映像は、ほとんどがつまらない。大仰でばからしいものが多いと、ボクは思っている。

 白装束の女性が、後先にいて、先の人の足跡を箒で消してゆくという、見た目にはとてもきれいな映像があったが、あまりに、隠喩っぽくってかえって馬鹿馬鹿しい。ボクには、こけおどしとしか見えない。

 やはり、素朴に、マン・レイなんて好きだ。

b0018682_1193546.jpg


b0018682_12017.jpg



 夕刻、新宿で、久々に酒。赤ワインがおいしかった。

 タイジョウホウシンの経験談、(ボクはかっかたことなし)で盛り上がった。


 10時過ぎに帰宅、腹が空いて、つい、駅前のなじみのラーメン屋のタンメンを食べてしまった。レバニラ炒めのうまい店である。そこのタンメンは、某横浜系と名乗る有名店のラーメンよりボクはずっと大衆的においしいと思う。アートにもこのタンメンほどの、「大衆性」をお願いしたい。






トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/16557831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2011-10-29 22:22 | 目の快楽 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31