人気ブログランキング |

甘酒や母者はものを思はざる  李ノ字


  武蔵国二之宮金鑚神社(かなさなじんじゃ)へと走った。
  往路、向かい風、だらだらと登りつづける坂、忘年会でついた贅肉には、ちょっと辛い。
  思いの外のにぎわい、驚いた。
  初詣に参詣する人々の雰囲気がよい。ちゃらちゃら感が薄い。
  気分良し。

  仮設の茶屋で甘酒、おでん、焼きそばの昼食。
  その店先に、その筋と一目で分かる兄さんたちがいて、その中心に白いワイシャツに、黒ネクタイ、ブッラクのスーツのお方が、デェーーーンと。これまた、懐かしい風景であった。若い兄さんかたは、とてもにこやかで礼儀正しい。やさしく店のおばあさんをいたわっている。何か、常識めいたものが、揺れるなあ。と、遠目には見えていたが、脇をとおる若い衆の胸元にやはり彫りものが、そして目の端が、・・・切れている。

   甘酒は、若かった母を思い出させる。
   はち切れんばかりの元気なころのお袋を。

 

b0018682_2140577.jpg


  所要時間、全5時間30分、晴れ、北風やや強し。





トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/10127016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2009-01-01 21:32 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー