人気ブログランキング |

丙丙凡凡(蛙声diary)

ribondou.exblog.jp

おや、「麻雀放浪記2020」が上映中ではないか。


 茄子や胡瓜、トマト、スイカなどなどの、苗の植え付けやら種蒔きやらが目前。

 消石灰を散布して耕しておいた所へ、今日は籾殻入りの堆肥を入れて、一段落。

 この頃は、農作業前に入念にストレッチをして、腰回りのケアーをしているせいか、腰痛もなくことを終えた。

 いい気分で、このところ足を向けていなかった隣り町の映画館まで出かけた。

 

 

b0018682_22205653.jpg

 
「麻雀放浪記2020」(監督・白石和彌、原案・阿佐田哲也、118分、2019年)、こうのすシネマで。


  1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップ

するという大胆なアレンジを加え、斎藤工主演&白石和彌監督で再映画化。新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止と

なった2020年の東京。人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。そんな荒廃した

東京に、坊や哲が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世

界だった。坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、

竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。(映画comより拝借)


 大胆過ぎるかも知れない近未来SF仕立ての「麻雀放浪記」、いくら放浪だからといっても、タイムスリップまでありだとはね。

 1984年版の「麻雀放浪記」(監督・和田誠)は、観た覚えがあるが、大方忘れたので、今度のそれと繋げてあれこれ云うのは止めておく。

 世間を騒がしたピエール瀧は、ホンのちょっぴり顔を見せるだけだが、荒唐無稽とも見せかける造りの、この作品の作り手の意図が垣間見える人物設定となっている。

 その線からいえば、この作品の上映自粛はありえなかった。

 っま、ノーカット上映は、いろいろな意味で筋とおしたということだろう、個人的には評価できる。

 いわわずもがなであったかな。

 映画全体の印象は、力技で突破したのだが、ぐっだぐっだになっちゃったという感じかな、よきも悪しきも。

 個人的には嫌いではない。

 ドテ子役のもも、その追っかけドク役の岡崎体育、それに、小松政夫、ベッキー、・・・おもしろかった。


                  ※

 
 雨が降らないせいか、ジャガイモの芽がはかばかしく出てくれない。

 






 




 

# by ribondou55 | 2019-04-17 23:07 | 古希シネマ | Trackback | Comments(0)

死支度致せ致せと桜哉   一茶


 我が家の桜は今日が盛りのピークだったろう。

 一週間後には、葉が茂りはじめる。


b0018682_22223357.jpg


 この頃は、何かにつけ己に残された時間はいかほど?と意識させられる。

 孫を見れば、この子の行く末のどの辺まで見とどけることができようか、なぞと。

 そんなであるのに、愚図愚図と日々を送っている。

 花ちるや末代無智の凡夫衆    一茶








# by ribondou55 | 2019-04-15 22:31 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花憂い//忘れてはならないあの春の出来事

  2011年4月11日掲載のものを再掲載。


 余震が続く。

 20km圏外「計画的」避難、、、、「計画的」とは、どういうこと?

 
b0018682_23502780.jpg
 
 



2011年、福島第一原子力発電所の事故から一ヶ月、その折の小生が本ブログに掲載したモノ。

トーハクのお花見イベントは全て中止になっている。

東日本大震災直後、お花見気分なんて・・・・。

 それから、8年目の今日この頃、春爛漫の桜にすっかり浮かれている。

 ぼーっと、生きていてはいけない。



現在、福島県立美術館では、東日本地震復興記念「伊東若冲展」開催中でアル。

訪れてみると、大変な盛況。

会場に地元のボクよいももっとお年の皆さんも大勢いらっしゃった。

喜ばしいことでアル。

そうであれば、

某お役所は所蔵の「動植綵絵」くらい貸し出してあげればよかっただろうに。

昨年は花のパリでお披露目したというではないか。

それなら、花見山で名高い福島にも。




二本松でも見かけたポスターである。
 
b0018682_22530445.jpg







 






# by ribondou55 | 2019-04-14 22:18 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(1)

二本松・霞ヶ城公園の眺望は天下一品、でも足下にも目を遣れば。

b0018682_10461570.jpg


b0018682_10471574.jpg

b0018682_10480231.jpg

霞が城の本丸址へ登った。                           

これまで、そう多くはないが、城を訪ねてきたが、これほどの眺めに出会って来なかった。

まず、安達太良山のなだらかな山容が目に飛び込んでくる。

後から登ってきた人たちも、ボク同様に感嘆の声をあげる。

息を切らせながら、四方の眺望をゆっくり一巡する。

わくわくした。

空が広い。



そして、安達太良山を背に町を見下ろすと、城下は至る所に桜の木だ。





b0018682_11111461.jpg


満開のころはさぞやさぞやと思わされる。



それでも、やっぱり足下を確かめながら行こうではないか。

先ず足下から、春は来るのだ。
























# by ribondou55 | 2019-04-14 11:12 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

使い残りの18きっぷ//二本松城趾から智恵子の「ほんとの空」が見たい。(その2)

 二本松城跡のある県立霞ヶ城公園は、折しも、桜まつりが始まったところであった。
 
城のふもとの庭園で、ボクが訪れた時はソメイヨシノは二分咲き程度、本丸付近では開花直後か、つぼみ、花をつけているのは、ソメイヨシノではない。

 とにかく、これから本格的にお花見観光シーズンに突入というわけで、こんな幟が街中の至る所に立っていた。



b0018682_16392829.jpg


キャッチコピーは「ほんとの空に さくら舞う」。

まさしく「ほんとの空」なのだ。


さて、「ほんとの空」と聴くと、ボクのアタマの片隅で低くメロディが流れてくる。

ああ、二代目コロンビア・ローズが唄う歌謡曲「智恵子抄」。

東京の空 灰色の空

ほんとの空が見たいという

拗ねてあまえた智恵子

智恵子の声が

嗚呼安達太良の山に

今日もきこえる


おおなんと、歌詞を覚えているはないか。

昭和三十九年の楽曲なのだ、生意気盛りのボクの脳みそに刷り込まれた名残が、白髪頭の奧に残っていた。

歌謡曲畏るべし。


そこにいくと、ご本家光太郎さんの「あどけない話」はこうだ。


                   
                   智恵子は東京に空が無いといふ、
                   ほんとの空が見たいといふ。
                   私は驚いて空を見る。
                   桜若葉の間に在るのは、
                   切つても切れない
                   むかしなじみのきれいな空だ。
                   どんよりけむる地平のぼかしは
                   うすもも色の朝のしめりだ。
                   智恵子は遠くを見ながら言ふ。
                   阿多多羅山                           あたたらやまの山の上に
                   毎日出てゐる青い空が
                   智恵子のほんとの空だといふ。 


どうだろう、アル世代の多くにとって、あの幟の「ほんとの空」から連想するのは、光太郎かローズか。

もしも、ローズさんに軍配が挙がるとしてもボクは皮肉な結果だとは思わない。

こうして、「文学」なんてものは、生き残るのだ。



さて、ボクは「ほんとの空」を見ることができたのか、いなか。

息を切らせながら、ようやっと本丸の石垣の上にたった。

素晴らしい眺望でアル。

安達太良山は、雪の稜線を広く広く広げて、そこあった。

b0018682_17080810.jpg


空はというと、残念、それは灰色の曇り空だった。

それでも、東京の灰色の空ではないことに、満足だった。

故に、「ほんとうの空」は、次の機会に。




現在の福島の空は、智恵子のいう「ほんとの空」を取り戻せているのか?

そのことは、別問題というわけにも行かないだろう。

一日も早くと、祈らずにはいられない。












# by ribondou55 | 2019-04-12 17:20 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

使いの残りの18きっぷ//二本松城趾から智恵子の「ほんとうの空」が見たい。(その1)


 春の「青春18きっぷ」の使用期限は、四月十日、それまでに二回分消化しなければならない。


 九日、福島へ、福島県立美術館の「若冲展」を観に行った。

 展覧会は、十分に楽しめたので、この旅の目的は達成した。

 その日は、福島駅前のホテルに泊まった。

 十日、朝食は最上階のレストラン、予約サイトの評判では高評価であるの筈であったが、さほどのものではなし。

 しかし、その眺望が素晴らしかった。

 安達太良山が一望できた。

 すばらしいかった。

 天気予報は、午後から雪模様などと言っていたので、花見山にでもいって、時間をつぶし早めに帰ろうとぼんやり考えていた。

 ところが、この風景を見て、二本松城からじっくり安達太良山を眺めようと心変わりした。

だが、本当をいえば二本松城から安達太良山がどのように見えるか、これっぽっちも知らなかったのだ。


 ボクは、何だかんだいっても、光太郎のファンである。

 「智恵子抄」の『あどけない話」の『智恵子のほんとうの空』とはどんな?、長きにわたる疑問であった。

 なんといっても安達太良山の上に出る空こそ「ほんとうの空」なのだ。


 コーヒーのお替りも我慢して早々に朝飯を済ませ、チェックアウト、学生達ですし詰めの電車に乗り、二本松駅で下車。

 早朝、福島では薄日も差していたが、午前九時前の二本松の空は、灰色だった。

 
駅前の二本松神社の鳥居横の公園で花壇の世話をされていた同年配の婦人から、まず、二本松城までの道を教えて貰った。

 ボクは、この数年の旅の経験から、地元情報は中年以上のご婦人から収集するのが一番よいと云うことを学んだ。

 直近では、たまたまおばちゃんが見つからず、琵琶湖近くの××駅の観光案内所の横で茶を飲んでたむろしていた同年配からの爺さんの5、6人から、ひどいガセ情報をつかまされた。

 多分、暢気そうに旅などしている白髪爺ィをからかって遊んでやろうと云うことだったのだろう。

 まあまあ、しかたないな。

 爺さんたちは大体半可通か、または、思い込みの激しい蘊蓄話、あるいは口から出任せ思いつき、余りよいことはない。

その点、婦人たちは礼儀正しくすれば、嘘はつかない、知ったかぶりもしない・・、多分。

 だが、あちら様から話しかけてきてくれる年配男性の話には有益な情報が多い、こういう場合には丁重にお相手するのがよい。

 さて、さて、二本松の婦人も知っていることだけを丁寧に教えてくれた。


 城へは長い坂を上って行く。

 イイかげんいして欲しいと思う頃、坂の頂上から城門が見えてきた。

 
 城の観光案内所のやや中年色白婦人から、本丸までのあすすめルートを丁寧におしえてもった。

 行程、約一時間半、この二本松城は山城、上へ上と登って行くのだ。

 この道々の庭園風景はなかなかのものであるのだが、ココでは省略。

 ついに、本丸までの道のり半ばで、安達太良山を眺めることができた。

二本松城に来たことは大正解だった。



b0018682_11085679.jpg


 今度は、散歩中らしき同年配男性が、この風景の解説をしてくれてた。

 安達太良山はの頂上は、ぷくっととがっている。

 そのぷくっと加減から、「乳首山」と呼ばれているのだそうだ、とか。

 

(疲れたので、続きとする)








 



 

# by ribondou55 | 2019-04-11 11:14 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

ご近所巡礼19番 宝積寺(群馬県甘楽郡甘楽町小幡)//かんのんさまとしだれ桜

 訪ねた先は、以前一度立ち寄ったことのあるお寺であった。

 このところの我ら夫婦、そろって呆けの進行がとまらない。

 物忘れ、うっかりミス・・、その程度が笑い事で済ませられる内はよいのだが・・。

 やあ、ここきたことあるね。

 見飽きた顔を互いに改めて見直したのでありました。


 
b0018682_14481271.jpg

 このお寺は、曹洞宗、東国花の寺百ヶ寺の内の札所で、この観音様が御本尊。

 菊女観音とお呼びする。
 
花のお寺の由縁は、このしだれ桜でありましょう。

 

 この観音様、菊女とあるからには、元はお人、どんないわれがあって、観音様におなりかというと、こう寺のHPにある。


その昔、この地方を治めていた城主は小幡信貞(おばたのぶさだ)候と言います。

そして、腰元に美しく聡明な待女、お菊さまがおりました。

信貞候はこのお菊さまを寵愛し、片時も自分のそばから離そうとしませんでした。

そのため、奥方や他の腰元たちの嫉妬心は日に日に増し、信貞候留守中に奥方のお膳に針を落とし、それをお菊さまのせいにしてしまいました。

そして、お菊さまを菊が池で蛇責めの刑に処してしまいました。

お菊さま19歳、天正14年(1586)9月19日のことです。

その後、追善の供養が度々行われました。さらに明和5年(1768)万仭道坦禅師(ばんじんどうたんぜんし)や、大勢の人たちの努力により、菊が池に大権現としてお祀りされました。

それ以来成仏の功徳をもって、お菊さまは苦難にあえぐ人たちの支えとなることを誓い、その美しい姿は観音様として多くの人々に慕われています。

菊女伝説は、「番町皿屋敷」の1つの源流伝説でもあります。


 おお、お菊様、憐れなようで怖ろしいようで、ここは南無南無南無。

 とにかく観音様は千変万化、いろいろなお姿で我らをお救い下さる。

 ありがたや。

 どうぞ、この呆け夫婦の余生が安楽で在りますよう、合掌。


b0018682_15094614.jpg


さて、観音様を拝んでいるのか、桜に願を聞き届けて頂きたいのかわかりますせんが。

参ったのは四月六日でありました。









 

 
 

# by ribondou55 | 2019-04-08 15:51 | ご近所巡礼記 | Trackback | Comments(0)

花の陰此の世をさみす人もある  一茶






我が家の遅咲きの桜も、ようやく四分か五分。

あと数日で満開に。



b0018682_16030574.jpg


畑に出るとここかしこに苺の花。


b0018682_15361314.jpg



勝手気ままに根を張っている。

散らかっている分、小さな子どもの苺狩りには宝探しのようになって、楽しいらしい。


b0018682_16084312.jpg


この苺、すっぱい。

だが、お子さん達は気にならないらしく、摘んでは口にする。



18きっぷの残り二回分で、福島へ若冲を観にゆくことにした。

遊んでばかりいると、誰かに叱られそうなので、今朝は先に話題にした九条葱の苗の植え付けをした。



b0018682_16162858.jpg


過日、ホームセンターで「ズバリ一袋100円」、いい感じの値引きであったので二袋入手したもの。

葱なんて、からからになっても、ちゃんと根付くのだから、これで十分。

このまま放置して、分けつするまで待って、もう一度植え替えする予定。



表題の句は、一茶にしてはつまらない句だとおもうのは、若気のボクでアル。

この日の句会は夏目成美宅であった。

ここでいう「此の世をさみす人」とは、成美のことであろう。

この世俗の世に価値の欠片も感じない、イケテルお方。

成美は井筒屋八郎右衛門という立派な名がある江戸前の札差で、俳人、一茶の経済的スポンサーだったという。

当時一流の風流人。

ではあれば、風雅の伝統をふまえて、さりげなくさりげなく精一杯のごますり一茶。

ボクはそんな風に邪推する。

そんな目で読むと、同じ席で詠まれた無点であったそうなこの句よりも、もっと笑える。


金の糞しそうな犬ぞ花の陰


風雅の道というのは、思いの外苦いのだろう。

多分「忖度」だってしまくりだろう。

糞!



しかし花の陰に、「世をさみす人」と〈金の糞ったれ〉「犬」を並列におく臆面のなさもいいものだ。

ケツ舐め野郎でも、オレはオレだと。

そこに、成美もニヤリとする。



だから、一茶も一茶だし、成美も成美。


この節の関門海峡あたりの連中とは格が違う。




先にNHKのドラマ「浮世の画家」を面白く観た。

そこで、早川の文庫で、翻訳された原作を手に取り、先ほど読了。

時折、我が身の上での処世について、思いを巡らせざるを得なかった。















# by ribondou55 | 2019-04-07 16:44 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

「国宝 東寺ー空海と仏像曼荼羅」展へ//上野のお山へのぼる

 びわ湖巡りに買った青春18きっぷが三回分残っていた。

 そこで、この陽気にさそわれてトーハクへ足を延ばした。


 昔、よく行った御徒町のカレー屋で昼飯、忍ばずの池の淵からお山に登ってゆく、トーハクまでの道は上野公園一番の桜並木。

 桜は既に終盤ながら人出は相変わらず、しかし、博物館は意外にお客さんが少なめ、ゆっくり丁寧に仏さん達にお会いできた。

 結論で云えば、とてもよかった、楽しかった。

 午後一時前に入館して、出たのは五時半だった。

 もちろん、本館の平常展示もじっくり観ての滞在時間でアル。

 この間の旅行では、湖北においでのあの渡岸寺の十一面観音を拝むことができた。

 それは喜びであった。

 この展覧会は、仏さんに会う楽しさをまたもや味あわせてくれた。
 
 

 東寺の大日堂で朝の生身供に参拝したことがある。
 
 もう何年も経ったような気もするが、この時の印象は鮮明にある。

 そこでお舎利さんを授けていただいた。

 ちょうど今頃のことで、朝の五時にホテルを出て、東寺まで歩いた。

 まだ御影堂の前でおじちゃんおばちゃんが数十人、開門をまっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

 ああ、思い出すと、懐かしいやら、ありがたいやら。



 こんな風に書くと、信心深いよい人のようだが、そんなことはない。

邪心疑心の人間でアル。

 だから、今の己を見直すといより、生き直すためのヒントを仏教から教えて貰いたいなあと、・・・。

 
b0018682_23082789.jpg
帝釈天

本日の撮影可の仏様。



博物館の裏庭は今年も開放されていて、お花見客が沢山おいでであった。

本館二階のベランダからの裏庭の眺めはこんな風だった。



b0018682_23150523.jpg
 

 とても気分がよかった。






# by ribondou55 | 2019-04-05 23:16 | 目の快楽 | Trackback | Comments(0)

桜が咲くと、タラの芽をいただく。

 この季節の菜園は悪くない。
 
春の到来を告げる作物ががつぎつぎと収穫できる。

 その一番手のフキノトウ、だがそのエグミが苦手、人様に食べて頂く。

 四年前に畑の片隅に一本植えたタラノキは、今はちょっとした株立になった。

タラノキの若芽は、毎年桜が咲くと、食べ頃になる。

タラの芽は、もともとは山菜であるのに、癖のないすっきりした食味でアル。

山菜の王様といわれるのも納得できる。

日当たりのいい畑の片隅に是非一株、お勧めでアル。


b0018682_22393240.jpg

 今晩、天ぷらにしていただいた。


 
花もいい。

 大根の花、それから菜っ葉類の花。

 これは、春菊の花。

b0018682_22403529.jpg

それからかわいらしい葱坊主。


b0018682_22395810.jpg

苺や絹さやの花も愛らしい。























# by ribondou55 | 2019-04-04 23:02 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)